ブログ | 東進ハイスクール八王子校|東京都

ブログ 

2017年 9月 20日 敬意

こんにちは!担任助手の金子です!!

様々な学校で、文化祭や体育祭が行われましたね!(まだ終わっていないところも?)

文化祭を全力で楽しんでいるみなさんを見ていると、うらやましいなぁと思いますね笑

僕も高校生時代に戻りたいなぁなんて思います笑

大学だと1日を一緒に過ごす「クラス」というものはなくなるのですよ!(授業は人によって違うので!)

人生に一回しかない高校生活!全力で楽しみましょう!!

 

さて、今回は「敬意」についてお話したいと思います!!

なぜ、この話をするのか? それは、、、

この時期はストレスがたまりやすいからです!

人は、ストレスをためると他人に八つ当たりをするようになってしまいます。

普段支えてくれる家族や、一緒に勉強している友人に対して、失礼であったり、傷つけるような言葉を浴びせかけてしまう事もあるのです。

「お前は頭がいいからな!」「受験生なんだからもっと気を使って!」など。。。

 

しかし、皆さんは一人で受験生活を送っているわけではないのです!!

 

ご家族の支えや、友人同士の励まし合いなどが現在のあなたを形成しているのです!!

人間は誰しも、一人で生きているわけではありません。支え合いながら生きているのです。。

周囲の人々への感謝の気持ちを忘れないでください!!

 

「敬意」に関するお話を僕の好きなサッカーでの出来事として話します。

ウェイン・ルーニーという選手がいます。

彼は、マンチェスターユナイテッドで「レジェンド」とよばれるほどの大活躍をしました。

そんな彼は、今年の夏に、古巣であるエバートンというサッカークラブへ移籍しました。。。

そして、9月18日に彼は、マンチェスターユナイテッドの敵として、本拠地に帰還しました。。。

彼はもう敵です。しかし、マンチェスターユナイテッドのファンたちは、今までの功績を見て、

敵であるルーニーに対して、敬意を込めた万雷の拍手を送ったのです。

敵で会ったとしても、功労者には敬意を払う。。。

とてもいいお話です。ルーニー本人もそれに対して大きく手を振って応えました。

 

どんなにイライラしても、他人に対する「敬意」だけは忘れないでください!

2017年 9月 17日 捻挫からの教訓

 

こんにちは!

 

ここ2週間くらいで3回も右足首を捻挫して、

足がぐらぐらの柿澤です。

自分は週3でサッカーの練習を行っているんですけど、

その3回の練習すべての回で捻挫しちゃいました。

完全にクセになっていて、少々ヤバイ状態です。

 

なぜ、このようなことになったのか考えました。

 

最初は特になんてことの無い捻挫でした。

ちょっと足を痛めた感覚がありましたがすぐ痛みが引くだろうという勝手な経験則で

何も手を付けずに練習を続けてました。

 

ところが、次の練習で事件がおきます。

 

大きいのをやってしまいました。とにかく痛い!歩くのも痛い!

 

 

その日はさすがにアイシングしました。

 

さて、3日後の次の練習の日!

 

痛みは全然残ってましたが、とりあえず足首をある程度ほぐして練習に望みました。

アドレナリンも出て、特に痛みも感じずにいましたが、

 

 

ラスト10分になり、またも捻挫をしました。

前回ほどの痛みではなかったですが、やっぱり痛いです。

 

ある程度のケアはしたはずなのに、、、

その後、柿澤は思いました。

「わずかな異常も許してはならない!いずれ大惨事になっちゃう!」と。

 

 

みなさんも問題解いていて、

「これに似たような問題、前回も間違えたなぁ」なんてことあるんじゃないでしょうか。

(柿澤の近況報告が長かったですが、やっと本題です。)

 

 

 

1度のミスは誰にもあります。

ただ、2、3回同じミスをしてしまうと、

いざテストって時に「あれ、結局どっちだっけ?」

みたいなことになりかねないです。

 

2回目間違えた時点で、しっかりケアした方が良いかもしれませんね。

 

 

教科書や辞書や資料集をもう一度読んでみる!

など自分で一度確認するというのは記憶に残りやすいですしね。

 

 

 

少し気になることがあったら

答え合わせの段階で病院(学校の先生など、、)に

行ってみるのもいいかもしれませんね。。

 

 

P.S. 

―骨折についての知識―

一度骨折した部分の骨は、完治するまでしっかりケアを施すと

他の部分の骨よりも頑丈になるらしいですよ。

 

☆☆☆☆☆☆☆

 

 

 

2017年 9月 16日 センター対策から2次対策へ 青木編

こんにちは!担任助手の青木です。

 

8月のセンター試験本番レベル模試が終わり、高校3年生はいよいよ国立二次私大対策に入ります。

 

まだ基礎力が固まっていない人は、苦手な分野の大問別演習を毎日やるなど基礎の見直しから行いましょう。

 

もうセンター試験本番レベル模試で結果を出せていて基礎力が固まってる人は、すぐに受講、過去問にとりかかりましょう。

 

センター対策でもよく聞いたかもしれませんが、国立二次私大対策どれだけ演習がを積むことができるかがネックになると私は思います。

過去問をやりこんだ人ど受験本番でしっかり結果をだしているという印象があるので、

とくに、第一志望校の過去問演習は大切だと私は思います。

 

 

それから、受講は11月末までに終了が目標です!

文化祭が終わってきた頃だと思うので、しっかり切り替えて受講が滞ることがないようにコツコツやりましょう!

 

私が受験生の時のこの時期、ここからがまた伸びる!と担任助手の先生に言われ、とても励まされました!

私もこの言葉をそのまま皆さんに伝えたいです!

 

受験本番まで残り期間がんばっていきましょう!

☆☆☆☆☆☆☆

 

2017年 9月 14日 夏休みの終わり・これからの受験生活

こんにちは!担任助手の金子です!

サッカー日本代表がワールドカップ出場を決めましたね!若手の活躍が見事でした!!

でも香川真司選手のプレーが見たい。。。笑

ワールドカップではどのような強豪と対戦するのでしょうね。。。。?

前回王者ドイツ、若きタレントがそろうフランス、クリスティアーノ・ロナウド擁する欧州王者ポルトガル、ネイマール擁するブラジル、リオネル・メッシ擁するアルゼンチン、ウェイン・ルーニーが引退したイングランド、、、

とっても楽しみです!!

 

さて、サッカーの話はこれくらいにして、本題へ。

今回は、夏休みの終わりとこれからの受験生活について話します!

夏休みが終わり、学校が始まっていることと思います。(大学生はまだ夏休みです!笑)

夏休みはいかがでしたか?うまくいった人やうまくいかなかった人がいると思います。。

しかし、反省はしても後悔は絶対にしないでください!!

なぜ反省は良いのか。それは、次につながるからです。自分の欠点を分析し対策を立てるからです。

では、なぜ後悔をしてはいけないのか。それは、次につながらないからです。過去を悔やんでも、過去は変えられるものではありません。それでは、明るい未来はやってきません。

ですので、絶対に前向きな姿勢を崩さない事!!

それが良いのです。

 

それでは、今度はこれからの受験生活についてお話しします。

これから先はなんといっても、時間との闘いになります!

4か月間なんてあっという間です。1分1秒も無駄にはできません!

ですので、時間に対する意識をより高めていきましょう!

もう一つは自信を持ちすぎないということです!

必要以上の自信はかえって、ケアレスミスを引き起こしたり、他の人からのアドバイスを軽視する傾向にあります。

ですので、あくまで謙虚に受験生活を送って下さい!!

 

最後に、世界最高のサッカー選手である、クリスティアーノ・ロナウド選手の言葉を紹介したいと思います!

「苦しみのない栄光などない」

楽な受験生活など何の意味もありません。苦しいものだと思います。

しかし、その先には栄光が待っているかもしれません!

毎日コツコツ頑張っていきましょう!!

2017年 9月 13日 大学生の夏休み

こんにちは!

担任助手の大洞です。

 

大学生の夏休みは長いもので

9月の半ばまであったりします。

この長い夏休みをどう使うのかが

大学生にとっては重要だったりします。。。笑

 

 

さて、そんな私は今年の夏休み

なにをしていたかというと

 

 

カンボジア

 

 

に行ってきました!!

 

目的は、

発展途上国の現状と支援の在り方を考えるというテーマです。

これは大学の授業の一環で行ってきました。

 

 

行ってきて感想を一言でいうと

行って良かった。。。

です!!

 

 

何を学んだのか、簡単にまとまると

①カンボジア内戦の悲惨さ

②途上国支援

③世界遺産の歴史

この3つです。

 

①・③は

教科書やネットでいくらでも出てくると思うので

ここでは話しません。

 

②について話したいと思います。

 

途上国に行くと

支援をしている人がたくさんいます。

その人たちがなんの目的で支援をしているかは

人それぞれ違いました。

 

しかし、

一つだけ共通していることもありました。

 

それは

信念があるということ

 

支援を続けることは、大変。。。

始めるときはワクワクしていたけど

いざ始めると、何もわかっていない自分に気付く

と言っていました。

 

その中で今でも支援を続けていることは

なにか自分の中で1本スジが通っている

からこそだと思いました。

 

これは支援だけに限らないと思います。

 

受験であっても

勉強する意味・志望校を追いかける意味

を自分なりに持っておかないと

どこかで誘惑や気持ちが揺らぐとき

が来てしまうのではと思います。

 

「自分なりの信念を持って何事にも取り組む」

これがあると人として強いなと思いました。

 

それでは、今日も一日頑張りましょう!!

 

☆☆☆☆☆☆☆