【全国統一高校生テストまであと3日!!】ルーティン | 東進ハイスクール八王子校|東京都

ブログ

2020年 10月 22日 【全国統一高校生テストまであと3日!!】ルーティン

こんにちは!八王子校担任助手の長谷川です!

ついに全国統一高校生テストまであと3日になりましたね。

八王子校でも受験生を中心に、緊張感のある、良い雰囲気になりはじめているように感じます。

 

さて、模試やテストの始まる直前になると、緊張してしまう人はいませんか?

テストのときには緊張しなくても、部活の公式戦の前になると緊張してしまう人は多いのではないでしょうか?

正直に言うと、僕はかなり緊張しやすいタイプでした。高校1年生のとき、3年生の引退がかかった試合に出たときは緊張で顔が真っ青になり、周囲に体調不良だと勘違いされたほどでした。

 

今回は、そんな僕から、緊張しやすい人へアドバイスを送りたいと思います。

 

みなさんはルーティンという言葉を知っていますか?

ルーティンという言葉には日課や習慣といった意味もありますが、それとは別に、スポーツでは「プレーの前に一定のパターンの動作を取ること」という意味で使われています。

ルーティンを行うことで気持ちを落ち着かせ、短時間で脳が集中して高いパフォーマンスが出せるそうです。

スポーツ選手のルーティンでは、イチロー選手の打席に入る前のルーティンが有名ですが、ラグビーをずっとやってきた僕としては、五郎丸選手のキックの前の「五郎丸ポーズ」と呼ばれた独特なルーティンが1番印象深いですね。

 

そして、僕もアスリートたちのルーティンにあこがれて、自分なりのルーティンを作って入試に臨んでいました。

試験監督から「試験はじめ!」の声が掛かったら

①目を閉じて、2回深呼吸する。

②鉛筆を左手で持ち上げ、右手に持ち替えて書き始める。

この2つを必ずやるようにしていました。効果があったのかは分かりませんが、深呼吸することで気持ちを落ち着かせ、焦らずに問題に取り組めたと思います。よかったら参考にしてみてください!

 

そして、これはルーティンをやる上で最も重要なことですが、

ルーティンは1回やっただけでは完成しません!!

ぶっつけ本番でルーティンをやっても、ほとんど効果はないです。

ルーティンは、重要な場面で「これをやったら上手くいく!」という、おまじないのようななものでもあります。

 

試験本番に備えて、同じような緊張する環境で何度もやってみて、自分の中で習慣にしていくことが大切なんです。

そして、受験生の皆さんは共通テスト本番まで模試は全国統一高校生テスト含め、残すところあと僅かです。

ということは、自分のルーティンを作り上げられるチャンスも残りあと僅かということです。

 

緊張しやすい人も、そうでない人も、自分なりのルーティンを作って、入試本番でベストを発揮してほしいと思います。

 

以上で、今回のブログを終わります。読んで頂き、ありがとうございました。

このブログを見て、参考にしてくれたら嬉しいです!

 

また、現在、八王子校では、一日体験のお申込みを受け付けております!

ご都合に合わせて一日だけで、校舎の魅力を伝えさせていただきます!

興味のある方は是非、下記のバナーをクリックして下さい!