世界史大巾学力向上法~大洞編~ | 東進ハイスクール八王子校|東京都

ブログ

2016年 11月 26日 世界史大巾学力向上法~大洞編~

こんにちは!

担任助手の大洞です。

 

松本先生に続いて、今回は

世界史の大巾学力向上法

について書きたいと思います。

 

まず

社会科目は

とりあえず暗記!!!

というイメージがありますよね、、、

 

確かに暗記も大事ですが、暗記と同じくらい

流れをつかむこと

も重要です!

 

流れをつかむコツ(私がやっていた方法)は

 

①一周目は重要語句だけ頭にいれる

②重要語句を完璧にしたうえで一問一答に手をつける

③教科書をよく読む

この3点です。

 

一周目から応用語句を頭に入れようとすると

難しい+覚えずらい

ということになり、世界史が嫌いになってしまいます。

そういったことを防ぐためにも

まずは基本語句を頭に入れることから始めてみてください。

 

次に一問一答に手をつける時期についてです。

誰もが「いつから一問一答に取りかかればいいか」

悩むと思います。

私的には、重要語句を完璧にしてから手をつけてほしいです。

 

なぜかというと

一問一答にはすごく稀に出題される難問が含まれていて

且つ、その難問が出題される確率はとても低いからです。

出題される確率が低い難問を必死に覚えるより

重要語句を覚えた方が断然効率的です!

 

また、教科書をしっかり読むことも重要になってきます。

教科書は基本事項がぎっしり詰まっているので

何回も何回も読むことをオススメします。

 

「社会は暗記科目」

という概念が強いと思いますが、

世界史を学ぶことで

外国にいきたい。

もっと世界を知りたい。

と思うようになると思います。

 

 

ぜひ、自分なりの勉強のコツを掴んで

得意科目にしていってください!!!

応援しています!

 

 

☆☆☆☆☆☆☆