全国統一高校生テスト受ける意義~柿澤編~ | 東進ハイスクール八王子校|東京都

ブログ

2017年 10月 23日 全国統一高校生テスト受ける意義~柿澤編~

  こんにちは!

 

 

最近は朝がもの凄く寒いので、布団から出たくない日々ですね。(最近これしか言っていないです…。)

 

 

さて今週末には、全国統一高校生テストがあります。

 

 

 

受験生も、良い結果を出す為に試行錯誤していると思います。

頑張ってください!

直前一週間は、調整の意味も込めて、センター中心の学習をすることのがおすすめです。

 

 

 

さて、今日は受験生に向けてではなくて、これから新受験生になる高2生や高2以下の方に向けて話していきたいともいます。

 

 

 

全国統一高校生テストが、皆さんの中でどういった位置づけになっているかわかりませんが、

やっぱり多くの人の中ではあまり重要な位置づけになっていない可能性も高いです

 

 

 

あまり重要と感じないのは、時期てきな面もかなりあると思います。入試本番から1年と4カ月くらい

前にある模試という感じなので、「さあ、個々から頑張ろう!」という気にはなりにくいと思います。

 

 

 

ちなみに自分もそういった感覚で高校2年生の時期を過ごしていました。一応テストの申込みはしましたが、部活があったのでキャンセルして、受けませんでした。

 

 

そういった全国規模のテストを受けたのはセンター試験同日体験受験になるので、やはりそこで受験勉強をスタートするのと、今のタイミングから受験勉強をするのでは時間の差は大きい出す。(ちなみに自分が受験勉強をスタートしたのはセンター試験同日体験受験のさらに1ヶ月半後くらいになるのでやはり時間の差は広まるばかりですね。)

 

先程から、繰り返している通り、このタイミングでスタートを切るということは受験において大きな意味を持ちます。ぜひ、全国統一高校生テストをうまく受験勉強のスタートに活用してください。

 

 

では!

 

 

今日も一日頑張りましょう!

 

 

 

☆☆☆☆☆☆☆

 

 

 

 

過去の記事