受験勉強は将来ここで役立つ!!~吉澤編~ | 東進ハイスクール八王子校|東京都

ブログ

2016年 11月 29日 受験勉強は将来ここで役立つ!!~吉澤編~

こんにちは!
最近コンビニおでんが欠かせない吉澤です!
寒い日にはコスパ最強ですよね!

さてさて、
今日は先日の吉野先生に引き続き、
受験勉強は何の役に立つのか?
ということについて、
私の大学での勉強や将来の夢にも絡めてお話ししたいと思います!

私はいま、
早稲田大学 政治経済学部 国際政治経済学科
というところに通っています!

大学では主に、経済学や国際関係論などについて学んでいます!

なぜここにしたかというと、

 

私は将来、国際協力関係の仕事に就きたいと考えていて、

そのためには、大学で国際政治や国際経済を学ぶ必要があると考えたからです。
 
まあ、こんな私ですが、実際受験勉強が現在どんな風に役立っているかを
科目ごとにお伝えしたいと思います!
 
英語:正直、受験勉強の英語をどんだけやっても、英語が話せるようにはならないかもしれません。
 
しかし、受験英語を極めることで、Reading力は圧倒的に鍛えられます!
大学に入ると、授業の教科書や参考文献が英語であることもしばしば、、、
そんな時、やっぱり受験でReading力つけといてよかったなーと思います。
 
また、英語の文法を学ぶことは、第2外国語を学ぶ際にも役立ちます!!
これは特にヨーロッパ系の言語に言えることですが、
英語と構造や文の作りかたが似ていることが多いので、
より理解しやすくなります!
実際私も現在フランス語をやっていますが、
英語と似ている部分が多く、
意外と早く、ちょっとした長文が読めるようになりました(^^)/
 
世界史:国際系、特に国際政治や国際経済に興味がある人は、絶対に世界史を学んでいた方がよいです。
国際システムを学んでいく上で、戦争や国のイデオロギー構造など、
歴史を知っているのといないのでは理解度が全然違います!!
今は、なんでこんなの暗記してるんだろ、、
と思うかもしれませんが、
大学に入って国際経済・国際政治を学べば、
これがこうつながるのかー!とすっきりするはずです。
 
数学:経済学を大学で学ぶ予定がある人は、絶対に!!数学をやっておくべきです。
経済学では数学をたくさん使います。
それは、微積やベクトルなどの概念を使ったり、計算が必要になるというのももちろんですが、
数学的論理的思考力も大いに使います!!!
長くなってきたので、この辺の詳細はまた後ほど!
 
こんな感じで、今やっている受験勉強は様々な形で役立ちます!
どうせやるのなら、できれば意義を考えながら勉強できるといいですね!
 
それでは、今日も一日頑張りましょう!!

☆☆☆☆☆☆☆