学歴は何を表すのか? | 東進ハイスクール八王子校|東京都

ブログ

2015年 10月 3日 学歴は何を表すのか?

こんにちは!!
時の流れは早いなーと近頃しみじみ思う吉澤です!
もう10月ですよ!!

センター試験まであと105日です

焦りすぎず、適度な緊張感で頑張っていきましょ!


さてさて、今回のテーマは

学歴は何を表すのか?

です!

突然ですが、みなさんは志望大学をどのように決めましたか??

なんとなく憧れで‥‥
とか
あの教授に教わりたくて‥‥
とか色々あると思いますが、

実際のところ
一般的にランクが高いと言われる大学に行きたいから‥!

という人も結構いるのではないでしょうか

では、なぜいわゆる高学歴の大学に行きたがるのか?

と言われたら、就職を理由に挙げる人が多いと思います

高学歴なほど就職が有利になるというのは有名な話です

それは本当なのでしょうか?
そして、実際に本当なのだとしたら、なぜなのでしょうか?

先日、大学のミクロ経済学という講義でこの話を扱っていました。

それによると、
まず、学歴が重要になる理由は、大きく2つあるとされています。

①学歴が高いほど、より質の高い教育をより多く受けるからその人の生産性が上がる
(人的資本理論)

②高学歴をもっていること自体がその人がもともと能力が高いことの証明になる
(シグナリング理論)

どちらがより重要視されるかは状況により異なるらしいのですが、
なるほどーって感じですよね((*´∀`*))

ちなみに、ミクロ経済学の教科書のデータによると、
日本の学歴社会の頂点はもちろん東大!!
ですが、
意外にも民間企業での出世率は
慶應一橋のが高い!
らしく、

一方で、中央官庁での出世率は
東大卒が圧倒的だそうです‥‥

なんだか、あ、そうですか(*`ロ´ノ)ノ

って感じの話ですが、まあ意外ではありますよね^ ^

つまりどうやら、高学歴=高い能力、生産性
ってわけでもないみたいなんです

何が言いたいかというと、

今みなさんは、志望大学に向けて必死に勉強してると思います

それは、大学入学して目的を果たしたらハイ終了、って訳ではなくて、

入学してからも大学名にかまけず自分を磨く努力をしていかなければいけないってことなんですね(*_*)

逆に、仮に思い通りの大学に行けなかったとしても、今やっている勉強は
ぜーっったいに無駄にはならないし、
大学受験で全てが決まる訳でもないです

となんだか偉そうに語ってしまいましたが、
要するに、一緒にがんばりましょー!ってことですヾ(*´▽`*)ノ

私もそろそろ受験からの解放を満喫するのは
やめにして、
色々と精進していこうと思います‥‥

さてさて、長くなりましたが、まずは今日一日、頑張っていきましょうね!!