実際にあった小山健太朗の話 | 東進ハイスクール八王子校|東京都

ブログ

2015年 5月 25日 実際にあった小山健太朗の話

  

みなさん、こんにちは!

担任助手の小山です。

いやー、暑いですね(笑)

僕はサッカーをやっているのですが、こんなに日焼けしてしまいました。

大学で浮いています(笑)

 

 

さて、今日は僕の逆転劇について書きます。

 

僕は、高校受験に失敗しました。

某MARCHの付属高校を受験したのですが、落ちてしまったため、都立高校に通うことになりました。

当たり前です、中学時代、僕はサッカーのクラブチームに所属していたのですが、それを言い訳にして勉強をしませんでした。

そのくせして、「高校受験なんて余裕でしょ」と考え、受験し、見事に落ちました。

「これはヤバイ」

と思いました。

そこで、僕は決意しました。

「高校では部活と勉強をどっちもやりきり、難関大学に合格してやる!」

こうして僕は、高校入学と同時に、東進に入学し、安河内先生や宮崎先生、吉野先生に出会い、点数を伸ばし、

早稲田大学商学部に合格することができました。

 

僕は失敗を成功に変えることができました!

 

失敗をしたとしても、そこから学び、成功に繋げることができれば、失敗は成功に変わります。

大切なことは挑戦することなのです!

 

ゼロからは何も生まれませんが、マイナスからならいくらでも逆転できます!

 

みなさんの健闘を願っています!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!!

 

小山健太朗