担任助手の学部紹介~阿部編~ | 東進ハイスクール八王子校|東京都

ブログ

2016年 10月 13日 担任助手の学部紹介~阿部編~

 

こんにちは!

担任助手の阿部です。

 

吉野先生、山﨑先生と続き、、、

第3弾!!

担任助手の学部紹介のコーナーです!

 

僕は、法政大学文学部英文学科に通っています。

そこで今日は、英文学科の面白い授業ベスト3を教えたいと思います!

 

3位 英語音声学

音声学ってなに?って思う人がほとんどですよね。

音声学というのは、「言語を発話するときの口の形はどうなっているのか。」

「発音を部類分けして、似ている音の区別の仕方を学ぶ。」

など英語の発音に関する事柄を学びます!

理論的にリスニングのスキルを学ぶことができます!!!

 

この授業を受けた後、TOEICのリスニングスコアが100点くらい伸びました!

 

 

2位 応用言語学

応用言語学とは、言語学(音声学、語用論)などを学んだうえで

「その言語を応用(実践)する時、人間の脳はどのような働きをするのか。」

「第一言語習得と第二言語習得にはどのような違いがあるのか。」

ということを学びます。

 

日本人が日本語を覚える時と英語を覚える時では

頭の使っているところが違うのです!

面白いですよね、、、

 

1位 Second language learning and teaching

これは内容は応用言語学と似ているのですが、授業体系が面白いです。

外人の先生なので、英語で授業を行い、英語でレポートを作り、英語でプレゼンします。

正直言ってかなりつらいですが、かなり楽しいです。

 

内容も面白く、「英語の授業スタイルで座学が多い理由」や

「幼児期と青年期の英語を覚える時の頭の使い方の違い」

などを勉強します!

 

 

以上3つでした!

興味は湧いたでしょうか?

 

今回は英文学科の授業を紹介しましたが、

自分の興味のある学部の授業内容を知るためにも、

オープンキャンパスや大学祭にいってみてください!

受験のモチベーションにもつながるはずです!

 

☆☆☆☆☆☆☆