捻挫からの教訓 | 東進ハイスクール八王子校|東京都

ブログ

2017年 9月 17日 捻挫からの教訓

 

こんにちは!

 

ここ2週間くらいで3回も右足首を捻挫して、

足がぐらぐらの柿澤です。

自分は週3でサッカーの練習を行っているんですけど、

その3回の練習すべての回で捻挫しちゃいました。

完全にクセになっていて、少々ヤバイ状態です。

 

なぜ、このようなことになったのか考えました。

 

最初は特になんてことの無い捻挫でした。

ちょっと足を痛めた感覚がありましたがすぐ痛みが引くだろうという勝手な経験則で

何も手を付けずに練習を続けてました。

 

ところが、次の練習で事件がおきます。

 

大きいのをやってしまいました。とにかく痛い!歩くのも痛い!

 

 

その日はさすがにアイシングしました。

 

さて、3日後の次の練習の日!

 

痛みは全然残ってましたが、とりあえず足首をある程度ほぐして練習に望みました。

アドレナリンも出て、特に痛みも感じずにいましたが、

 

 

ラスト10分になり、またも捻挫をしました。

前回ほどの痛みではなかったですが、やっぱり痛いです。

 

ある程度のケアはしたはずなのに、、、

その後、柿澤は思いました。

「わずかな異常も許してはならない!いずれ大惨事になっちゃう!」と。

 

 

みなさんも問題解いていて、

「これに似たような問題、前回も間違えたなぁ」なんてことあるんじゃないでしょうか。

(柿澤の近況報告が長かったですが、やっと本題です。)

 

 

 

1度のミスは誰にもあります。

ただ、2、3回同じミスをしてしまうと、

いざテストって時に「あれ、結局どっちだっけ?」

みたいなことになりかねないです。

 

2回目間違えた時点で、しっかりケアした方が良いかもしれませんね。

 

 

教科書や辞書や資料集をもう一度読んでみる!

など自分で一度確認するというのは記憶に残りやすいですしね。

 

 

 

少し気になることがあったら

答え合わせの段階で病院(学校の先生など、、)に

行ってみるのもいいかもしれませんね。。

 

 

P.S. 

―骨折についての知識―

一度骨折した部分の骨は、完治するまでしっかりケアを施すと

他の部分の骨よりも頑丈になるらしいですよ。

 

☆☆☆☆☆☆☆

 

 

 

最新記事一覧

過去の記事