本屋さんへ行こう! | 東進ハイスクール八王子校|東京都

ブログ

2015年 12月 21日 本屋さんへ行こう!

 

こちらをクリック! !!!!!まだ間に合う!!!!!

 

こんにちは!!!

大学生の冬休みが思っていたより暇なので、久しぶりに(笑)勉強をしようかなーと思っている吉澤です。

みなさん、寒さに負けてませんか???

 

さてさて、みなさんも、冬休みに何かしら勉強面の目標を立てていると思います。

冬休み中に英単語を固めよう!!とか、古文を一通り復習しよう!などなど…

まだ立てていないという人は、何でもいいので立てましょうね(^^)/

ということで、目標をたてたら、次はどう達成するが問題ですよね!

目標を立てたはいいけど、なんだかやる気がでない…という人は、

新しい参考書・単語帳を使ってみるのはどうでしょうか??

ということで、今回は自分に合った参考書・単語帳の選ぶコツを紹介します!!

コツといってもそんなに特別なことではなく…

地域で一番大きな本屋に行って自分の目で見比べて選ぶ!!!

 

 

   

ということです!!

 

「自分の目」ということが一番大切で、

参考書選びの時、先輩や友達、先生に薦められたものをなんとなく買っている…

そんな人はいないでしょうか??

参考書にも相性がありますし、学力や参考書に求めているものが友達と違っていれば、同じものを使っても意味がありません。

ということで、まずは本屋さんに行って自分自身で選んでみましょう☆

 

 

step-1 目的を明確にする

同じ科目でも、どのような分野をどのレベルで固めたいかによって適している参考書は全然違います!!

ということで、自分が新しく買う参考書を通してどんな力をつけたいのか、もう一度考えて見ましょう!

例)とにかく単語量を増やしたい、日本史・世界史の流れをつかみたい・問題演習を通して力をつけたい・古文の基礎を一通り復習したいetc…

step-2 実際に本屋さんに足を運ぶ

目的がはっきりしたら、次は本屋さんへ行きましょう。目安としては、自分のほしいジャンルの本が3冊以上あるところ。

そしてそして、目的にあった本を何冊か選んだら、それをひたすら吟味します。

ポイントとしては、価格・説明のわかりやすさ・情報量・デザイン・出版年度の新しさ(意外と大事です!昔の受験データに基づく本で勉強しても効果半減なので…)でしょうか。

さまざまな点で見比べてみて、一番自分にとって使いやすい!と思うものにしてくださいね。

 

 

さてさて、このように自分の目で選ぶのは、他の人に薦められたものをただ買うより時間も労力もかかります。

でも、自分で悩んで決めたからこそ、三日坊主にならずに参考書を使いとおせるのではないでしょうか!

私も、受験時代この方法で何冊も参考書・単語集を買いましたが、どれも自分にあっていて、後悔したことはないです☆

(センター本番後頭がおかしくなって800ページくらいある世界史大全!みたいなのを買ったのはやや後悔しています…誰かほしいひといませんか)

そしてそして、冒頭の通り、冬休み暇人な吉澤はTOEFLスコアアップに励むべく、本屋で約1時間の吟味を終え、ライティングの参考書をgetしました☆

 

せっかくの冬休み、みなさんも一緒に新しい本で最高の新年のスタートをきりましょう!!

 「newyear」の画像検索結果

センター本番まで、あと26日。