犬より人に当たってラッキー?? | 東進ハイスクール八王子校|東京都

ブログ

2016年 1月 27日 犬より人に当たってラッキー??

 

 

こんにちは!東進の谷田部です(^^)

 

先週あたりから急に寒くなりましたね(><)

その前はかなり暖かかったので、

冬ってこんなに寒くないんだっけ!?

と思っていましたが、、、、

やっぱりこの寒さが冬ですね!!!寒い!!!

 

受験生の皆さんは体調管理をしっかりして

残りの試験に挑んでください!

 

さて。

先々週のブログで学部選びについてお話ししました

(まだ読んでないよ~って人は是非1/12の記事へ!)

 

そこで今日は、

私が法学部で学んでいることを

紹介したいと思います!

 

(面白いと思うので是非文理問わず読んで下さいね☆笑)

 

今日お話しするのは私の大好きな科目の

刑法です!!!!!

刑法大好き!面白い!!!

刑法の抽象的符合説について紹介します!

 

さてここで問題です。

Aさん自分に向かって吠えてくるに腹が立ち、を殺そうと石を投げました。

ところが、石は飼い主Bさん当たり、Bさん死亡しました。

Aさん何罪でどんな刑を受けるでしょうか??

 

ここでは客観的主観的に見ることが重要になります!

 

主観的に見ると、

Aさん犬(器物)をわざと殺そうとしたので、

器物損害の故意になります。

 

客観的に見ると、

Aさん誤ってBさん殺したので、

殺人の過失になります。(=過失致死)

 

じゃあ実際に起こったのは殺人だから、

Aさん過失致死罪だ!!!!!

ということはAさん過失致死罪の刑を受けるんだ!!!

 

 

ちょっと待った!!!!!!!

 

 

ここでもうひとつポイントがあります。

過失致死罪になると、Aさん50万円以下の罰金となります。

 

じゃあもし石がAさん思い通りに当たってたら???

そうすると器物損壊等により3年以下の懲役or30万以下の罰金となります。

 

あれ??

器物損壊等のが罪は軽い気がするのに、

もし3年以下の懲役になったら過失致死より刑が重いぞ???

 

じゃあもし石がに当たってたら

もっと重い刑で処罰されていたかもしれない!!

うるさいは死んでないけど、

に当たって懲役3年になるより

50万円以下の罰金のがマシだから飼い主に当たってラッキー♪

 

ってことになっちゃいます!

そうなんです。不均衡なのです。

 

そこで刑法にはこんな規定があります。

重い罪を犯したけど、自分のした行為が重い罪になっちゃうとは思わなかった!

そんなときは重い罪の刑で処罰することはできない!

 

つまり、

AさんBさん殺してしまったけど、石を投げようとしたときは

を殺そうとしてただけで、を殺しちゃうなんて思ってなかった!

だから重い罪の過失致死罪では処罰できないから、

元々の軽い罪の器物損壊等で処罰しよう!!

 

そうするとAさん3年以下の懲役になるかもしれないので、

不均衡さはなくなります!

 

ちょっと難しかったですかね(><)

面白い!

もっと学びたい!

将来法律をいかしたい!

って人には法学部をお勧めします☆

 

是非参考にしてみてください!

 

 

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~