百人一首から考えたこと | 東進ハイスクール八王子校|東京都

ブログ

2015年 10月 31日 百人一首から考えたこと

センター試験まであと77日!

 

てことで、こんにちは!

 

日数を体で表現し続ける担任助手の田中です!

 

今日はHalloweenですね!

 

特に出かける予定も

仮装する予定も

仮装したいという気持ちすらもないですが笑

 

さて、今日も某マンガを買って思ったことをお話したいと思います。

 

自分は今そのマンガのせいで、百人一首を覚えたくてたまりません。笑

 

皆さん、知ってますか?

かるたって、畳の上のスポーツと言われるほど熱い競技なんです!

 

 

その魅力にとりつかれた自分は、百人一首覚えたいと連呼していました。

 

そこである友達に言われたのが、

「覚えても何の役にも立たないじゃん」

 

 

……

あれ?

 

このセリフどこかで言ったことあるような……

 

 

そうだ!授業中だ!!!笑

 

 

みなさんも思ったことはあるでしょう。

 

中学、高校の授業でやってることなんて将来何の役に立つのだろう…と

 

とくに受験で使わない科目とか、

どうして自分は勉強しているのかわからないこともありました

 

これを読んでいる学生のあなたには

同じことを思ってほしくない!

 

だから多くの科目を勉強する自分なりの解釈をお伝えしてみようかなと

 

 

なぜたくさんの科目を勉強するのか

 

それは、今後の人生の可能性を増やし、

人生を豊かにしてくれるからだと思います。

 

知識が増えることで視野想像の幅が広がります。

 

それによって多くの物事に出会い、

いろいろなことを感じることができます。

 

触れてみて初めて出会う世界なんて

数え切れないくらいあります。

 

 もちろん、昔の人が思いを綴った百人一首

自分の想像力を豊かにしてくれます。

 

その可能性を潰さないために

勉強をしているのではないでしょうか?

 

ちなみに、自分の先輩に、

サラリーマンとして働いて社会勉強をして

人として成長してから教師になろうと思っている人がいます。

 

 

 

もちろん解釈は人それぞれです。

 

が、これをきっかけにそのようなことを考えてくれると嬉しいです。

 

——————————————————————————————————————————————————————————–

八王子校 のブログを見ていただきありがとうございました!!!

来月、八王子校にてあの志田先生が、公開授業をしてくださいます!!!

少しでも興味のある方は↓のバナーをクリック!