答案の作り方 | 東進ハイスクール八王子校|東京都

ブログ

2018年 2月 19日 答案の作り方

こんにちは!

担任助手の後藤です。

センター試験が終わって一ヶ月以上が経ちました。

すでに二次試験に突入し、もう受験が終わろうかとしている生徒も多くいます。

少し遅れましたが国立試験に先立ちこんな話を、、、

二次試験とセンター試験の決定的な違いとして、記述問題があることが挙げられます。

他にも数Ⅲがあったりと色々違いはあるのですが、

今日は理系科目の記述問題に対する取り組み方について

受け売りを含め書いていきたいと思います。

まず、科目を問わず絶対にやってはいけないことNo.1は

 

 

白紙です!!

 

 

これは文系科目も同じですね。

解答用紙を白紙にするというのは0点が確証されたということです。

寸分の期待もなく0点です。

それはセンター試験でマークしないのと同じことです。

皆さんが大学受験をするにあたって、

全く見たこともない、そもそもこれはなんなのか?

という問題に遭遇することはまずないでしょう。

例えば数学でアステロイドの面積を求めろと言われたとします。

私もアステロイドの式なんて覚えていませんが、こんな状況でも一つは書けることはあります。

 

 

「積分を使って面積を求める」

 

 

と一言書いておけばいいのです。

こんな問題きっと殆どの人が白紙でしょう。

でも白紙ということは面積の求め方すら分からなかったとも捉えられてしまいます。

そこで一言、「積分を使って面積を求める」

と書いておけば採点者からの印象は大幅に変わります。

ばかばかしいと思う人もいるでしょうが

1点でも上を狙いにいくならこれくらいの心構えが必要です。

以前、東工大で帰納法で証明すると書いてあれば1/3の点数がもらえたことがあったそうです。

受験生の出来があまりにも悪かったからです。

これは白紙がいかに投げやりな行為であるかを示す好例ですね。

誰だって帰納法なんて知っている、でもそれを書いたかどうかで合否に関わる、、、

恐ろしいですよね、、、

ちなみに私もよくやりましたが

「試験終了10分前で間違いに気付いた!」

というのはざらにあることです。

 

あせって全部消してはいけません。

 

「書き直す時間がないな」と判断したら

間違えた場所に「ここで計算間違いをした」

などとその旨を伝えましょう。

少なくても真っ白になるよりは点数が入るはずです。

このように白紙にするつもりはなかったのに

結果的に白紙にせざるを得ないように見える状況も多々ありますが

そんなときでも冷静な判断を下してください。

中村先生の応援メッセージにもありましたが

「何があっても冷静に!」

です。

さて、

やってはいけないことNo.2は

 

 

 

数式の羅列です!

 

 

 

記述用紙というのは採点者に

自分がいかにこの問題を解いたかをアピールする場です。

つまり回答を客観視する必要があります。

数式の合間合間に「したがって〇〇であるので~」のように説明することが大事です。

 

また、勝手においた文字を使うのもNGです。

 

整数の性質などでは、それが何の倍数であるかを示すために〇〇=△k

などと、新たな文字を置かなければならないときがあります。

こういうときは必ず横に(ただしkは整数とする)のように、

その文字が何であるかを明示した文を書いておいてください。

 

さて、やってはいけないことNo.3は、、、

 

 

 

凡ミスです!

 

 

 

といってもこればかりはどうしようもないのです。

凡ミスの王、計算ミスの対策としては

頻繁に、でも後れを取らないように見直しをすることぐらいしか浮かびません、、、

普段からの演習量がものを言います。

また、記述と言っても計算過程は省いて、答のみを書く問題も多いです。

そんなときにやりがちなのが写しミスです。

計算用紙には正しい答えが出たのに解答用紙に移し間違えるという悲劇です。

この手の問題は記述なのに0か100なので、やってしまったときの悲壮感・絶望感はさらに増大します。

物理では数値よりも文字式で回答が出ることが多いため、こんなことが多発します。

特に上付文字や下付文字には一層の注意が必要です。

 

IとIoは違うのです。

 

 ここまででやってはいけないことをざっと書きました。

結局、

記述問題に対する心構え

とは

出来ない問題ならいかに部分点を取りに行くか

出来そうな問題ならいかに減点を防ぐか

だと思います。

 以前のブログでも書きましたが、

大学入試とは

 

大学から生徒へのメッセージ

 

ともとれます。

「この問題をどう解くか」と問われたときに「知らん」とそっぽを向かれたら腹が立ちますよね。

白紙とはつまりそういう意味で、

 

 

「方針は分かるのですが、、、立式が上手くできません。でも考えようとはしているのです。」

 

 

と必死な形相で訴えるということです。

 

 

大学の講義を受けているとたまに思うのですが、

大学では受け身の学生を必要としていません。

つまり、いわゆる「積極的な」学生を求めているのです。

高校生までの勉強とは違い、答えが一つであったり、明確な答えがあるとは限りません。

教科書によって考え方や答えも違っていたりします(しかも明らかな誤植もあったりする)。

そのような問題に対し、「積極的に」教授や学生とディベートできるかがその後の人生の大きなカギとなるでしょう。

 

話が逸れましたが、要するに

粘り強く食らいつく学生

を大学は欲していることを忘れないでください。

 

皆さんの健闘を祈ります。

☆☆☆☆☆☆☆