自己採点の重要性 | 東進ハイスクール八王子校|東京都

ブログ

2013年 8月 25日 自己採点の重要性

こんにちは、担任助手の石井です。

甲子園が大好きな石井はまたもや高校野球の話題を出すわけですが、決勝戦が行われ前橋育英高校が4-3で延岡学園を下しました。
突き放しては追いつきの、ものすごく熱い展開に感動しました。

前橋育英のエース高橋光成くんは2年生なんですよ。知っていましたか?
八王子校の2年生も負けずに勉強しよう!

さて今日はいよいよ『センター試験本番レベル模試』ですね。
みんなこの夏休みの成果をしっかりと発揮してほしいです!

このブログを見ている頃には模試が終わったという人もいるかと思いますが、

模試は『自己採点』がとっても大切です!

なぜか、といえば

センター試験は結果がすぐに帰ってこないからです。

でも、2次試験出願や私大のセンター利用で正確な判断をするためには、結果が必要!

そこで自己採点が大切となってくるのです。

例えば、国立志望の子が自己採点を間違って低い点数に自分の中ではなってしまい、第一志望校の得点に届かなかったとする。(本当は届いているのに!)

そこでその子は第一志望校をあきらめ、もう一つ低い大学に出願した。みたいなケースは本当によくあります。

逆(高く採点してしまったパターン)もまたしかりです。

自己採点には細心の注意を払うようにしましょう!

とにかく『問題用紙の自分の選んだ選択肢に丸をつけておくこと』が大事です!

終わったらすぐに自己採点を!!!

石井