講師紹介-吉野先生 | 東進ハイスクール八王子校|東京都

ブログ

2013年 7月 10日 講師紹介-吉野先生

「20歳の9月20日、失恋をきっかけに大学受験を決意した」

こんにちは!担任助手の石井です。
さて冒頭の言葉、誰が言ったものなのでしょうか?

正解は・・・

東進ハイスクール古文教師の吉野敬介先生です!!!

え、誰?という反応を見越して、吉野先生の大ファンである石井が、
吉野先生と先生の講座、
「基礎からの的中パワーアップ古文」について紹介させていただきます!

中古車屋で働いていた20歳の吉野先生は、
当時付き合っていた彼女に、大学に通う新しい彼氏ができてしまったために
フラれてしまいます。(ああ・・・)

「大学くらい行ってくれないと」という彼女の一言に、
吉野先生は「やってやろうじゃないか」と大学受験を決意。
5か月間の猛勉強の末、見事合格を掴み取りました。
(わずか5か月!)

その後も古文の猛勉強を続け、
東進以外の予備校講師を経験し、
そして東進ハイスクールの講師となりました。

かなりまとめてしまいましたが、もっと詳しい話は
「だからおまえは落ちるんだ、やれ!」
という本に書いてあります。
本当にためになるし面白い本なのでぜひ読んでみてくださいね!

さて、そんな吉野先生の名物講座「基礎からの的中パワーアップ古文」ですが、
とにかく文章が的中します!
僕も大学受験の時になんと4校の問題で的中していました・・・すごい!
 
 
 
また授業がとても分かりやすく、
古文が大嫌いだった僕も、
初歩の初歩から手取り足取り教えてくれた先生のおかげで
古文を得点源にすることが出来ました。

「る、らる、す、さす、しむ、ず、じ、む、むず、まし、まほし」
などいまだに言えてしまうほどです(笑)

さらに!吉野先生は授業残り20,30分のところで急に雑談をはじめてしまうのです!
この雑談が声に出てしまうほどおもしろい!
この雑談が毎回楽しみで毎日のように古文を受講していました。

さらにさらに!
吉野先生は「なぜ大学受験をするのか?」など
受験生なら一度は持つ様々な疑問や不安に正面からぶつかってきてくれます。
僕も何度も志望校を変えようとか
受験なんてなければいいのにとか思ったことがありましたが、
吉野先生がいてくれたおかげで最後まで乗り切ることが出来ました

古文の実力はもちろん、
受験生の心も伸ばしてくれる吉野先生。
言葉のひとつひとつに重みがあります。

こちらの吉野先生の講座を、夏期特別招待講習で受けることができます。

まだまだ受験は先
自分には関係ないと思っている1.2年生。

そんな友達がいたらぜひ紹介してあげてください!

この夏・・・吉野先生の授業を受けて、自分を変えてみませんか?

夏期特別招待講習の申込はこちら