12月の勉強方法 ~山﨑編~ | 東進ハイスクール八王子校|東京都

ブログ

2016年 12月 21日 12月の勉強方法 ~山﨑編~

もうすぐ冬休み突入!

冬休みが待ちきれない山﨑です!!

こんにちは!!

 

今日のブログのテーマは

 

12月の勉強法方法です!!

 

何人かの担任助手がすでに紹介して下さっていますが

今日は私山﨑優花がご紹介いたします!

 

12月にやっていた勉強を私が受験で使っていた科目ごとに紹介します。

私が使っていた科目は国語、英語、日本史です!

①国語

国語はとにかく過去問演習(センター)をしました。

現代文は自分で決めた目標時間内に終わるように何回も過去問を解きました。

古文は過去問を解いて

間違えてしまった部分を見直して

補わなければならない箇所を見つけ

その部分をもう一度見直しました。

 

②英語

英語もとにかく過去問演習でした。

模試で、時間内に終わらなかったり

見直し時間が確保できなかったりしていたことが多々あったので

現代文同様自分で決めた目標時間内に終わるように何度も過去問を解きました。

そして間違えてしまった箇所を見直し、

補わなければならない部分を補ったりしていました。

 

③日本史

日本史も過去問を解きまくりました。

採点をして

間違えたところを見直して

一問一答に書き込み、そして覚える。

その繰り返しでした。

けれど、12月中ごろに新たな武器が増えました!

それは・・・

 

 

千題テストです!!!

 

 

千題テストは最後の切り札といっても過言ではありません!

私は日本史の千題テストを最後の入試が終わるまでに

 

10周以上やりました!!

 

年内ではだいたい2周と少しぐらいやりました。

千題テストをやることで、忘れてしまっている範囲が一目でわかります。

私のやり方を今回特別にお教えします(笑)

千題テストは

前回出来の悪かったPartから順番に演習

→間違えたところを問題の空欄付近に「正」の字を書いてカウント

→復習

→前回出来の悪かったPartから順番に演習

→間違えたところを問題の空欄付近に「正」の字を書いてカウント

→復習

 

これを何度も繰り返しました!!

全てのPartで満点が取れるようになってから

時代順に演習をしていきました。

日本史の千題テストは

全てのPartで満点を取れるようになるまで繰り返し

さらにそれを最後の入試が終わるまで続けるのが良いと思います。

 

日本史だけではなく世界史や政経などの科目もそうです!

 

目安としては

 

センター試験までに5周

 

全ての入試が終わるまでに10周

 

 

千題テストをやり込めば

センター試験でも一般入試の時でも

冷静に解答できるし、誤字ミスもなくなると思います!!

 

 

この時期はどの科目においても

 

やみくもに勉強をするのは良くありません。

 

過去問を何度も解いて

間違えてしまったところを見直すなどして

 

焦点を当てた勉強をしていきましょう!

 

 

ここでお知らせです!!

 

今日から校舎は冬休み時間割となり、

 

月曜日~土曜日は 8:30~21:30

日曜日・祝日は  8:30~19:00

 

まで開館しています!!

 

おおよそ1日中校舎で勉強ができるようになるので

 

時間を有効に使い、

計画通りに勉強をしていきましょう!!

 

ではでは今週も頑張っていきましょう!

 

☆☆☆☆☆☆☆