~同日体験受験に向けて~ この模試の意味 松本(高)編 | 東進ハイスクール八王子校|東京都

ブログ

2017年 1月 6日 ~同日体験受験に向けて~ この模試の意味 松本(高)編

担任助手の松本高彦です!

年末年始は皆さんどう過ごされたでしょうか?

僕は4泊5日の帰省をした後に、1泊2日で京都へ旅行に行ってきました。

結構ハードスケジュールだったので、とても疲れましたが、自分としては気分転換になりましたし、

担当している受験生などの合格祈願も出来たので、とても充実した正月休みでした!

 

というわけで、本題に入りたいと思いますが、

皆さんセンター試験はご存知でしょうか?

センター試験とは、全国の高校生53万人が受験した日本で一番最初に行う大切な試験です。

その試験の結果によって、国公立の出願できる大学が決まったり、

あるいは、センター試験利用型入試といって、抑えの私立大学を取れるかどうかが決まる大切な試験です!

今年度のセンター試験は、1月14、15日の二日間に分けて行われます。

それと同じ日に、同じ問題を体験できるように、東進ハイスクールでは、センター試験同日体験受験を行っています。

ですが、本番まで一年、二年と離れている高1、2生に受験生が受けるような難易度の高い模試を受けさして何の意味があるのでしょうか?

実は、センター試験同日体験受験の成績で、大学への合格率が決まってしまうのです.

このように、どのレベルの受験生も伸び方は同じです。

もし自分の点数が、志望校の合格者平均より下回っていた時は、

ピンチではなく、チャンスです!!!

自分の現状に早めに気づいて、人一倍努力すれば、一つ、二つと自分のレベルを上げられるので、頑張りましょう!

 

 

☆☆☆☆☆☆☆